リア充なんか怖くない 漫画を無料で確実に読める方法

「リア充なんか怖くない」あらすじ&ネタバレ・見どころ・感想・評価

非リアの作家と漫画家が経費を使ってリア充向けのイベントに参加する漫画「リア充なんて怖くない」

お金を使いすぎたのかあまり人気がなかったのか1巻で完結しているので読みやすい漫画です。

WCネタも入っていますので是非読んでリア充になってください。

<漫画村の代わり>リア充なんか怖くない を無料で読める方法

リア充なんか怖くないを全巻無料で読む方法は、電子書籍を配信しているU-NEXTと言うサイトなら無料で確実に読む事ができます。

無料で電子書籍をネットで読むと聞くと「どうせ、試し読みで途中までしか読めないんだろ!?」と思うかもしれませんが、そんな事はありません。

 

本当に、リア充なんか怖くないの読みたい巻をしっかりと最後まで読めます。

その理由をご紹介しておきます。

 

U-NEXTと言う、電子書籍&動画配信サービスでは、1ヶ月、完全に無料で利用する事できます。※登録から31日以内に解約すれば、完全に無料で利用できます。

そして、無料登録にも関わらず、U-NEXT内で利用できるポイントがもらえます。このポイントを活用する事で、リア充なんか怖くないの好きな巻や最新刊など、無料で読む事ができます。

⇒ 31日無料キャンペーンで漫画を読む

※このU-NEXTの無料キャンペーンはいつ終了するか、わからないので、早めに登録しておきましょう。

「リア充なんか怖くない」のあらすじ&ネタバレ

この漫画はリア充が集まるイベントに参加すれば非リアはリア充になれるのかを検証する、実録作家成長物語らしいです。

そもそもリア充とはリアル(現実生活)が充実している人の事。

ほとんどのリア充は恋人や友達に恵まれています。

この漫画の主人公は2人。

1人目は漫画家の六堂秀哉

30歳、コミュ障、身長174センチ、年収200万というスペック。

漫画では片目を隠した童顔に描かれています。

2人目は作家の早茅野うるて

34歳、詳しいスペックは書かれていませんが六堂よりはコミュ力がありそうです。

ウェーブかかった髪のおじさま系。

1話目は街コンに行くお話しです。

街コンとは街ぐるみで開催される合コン。

参加者は異性との出会いを楽しみつつ色んなお店を回ることができます。

取材費は編集部もちなのでタダ飯を目当てに六堂は乗り気になります。

ちなみに参加した街コンは2人1組で参加のため、ぼっちでは参加ができないそう。

友達の一人も作れないようなコミュ力のない人間は参加するだけムダだということでしょうと辛辣なコメントを発する早茅野。

ぼっちが読んでいたら傷つきそうですね(笑)

勇気を出して女の子に声をかける2人。

自己紹介をしているとおっさん2人も話に加わってきます。

どうやら女性に声をかける勇気がないので、「女性と会話している男に声をかける」作戦を実行している方々のようです。

時間が過ぎ、参加者にトランプが配られます。

同じ番号の参加者グループ同士がトークを楽しんでもらうという自力で話し相手を開拓できないコミュ症向けの配慮もされているようです。

六堂達のトーク相手はなんと漫画好きと声優ヲタク。

なんとか楽しく会話をすることができます。

誰かと連絡先を交換しなければ参加費が自腹になると聞いて、六堂は自腹回避の為に連絡先を聞き出します。

が、それ以上は進展なし。

誰も二次会に誘えず、最初に話しかけてきたオッサンズと男4人でキャバクラにいく事となります。

結局非リアは金を払って相手をしてくれる店に行くという悲しいオチがついてしまいました。

「リア充なんか怖くない」の注目は スポーツバーでのサッカー観戦

ヲタクの聖地ビッグサイト。

リア充の聖地渋谷。

2話目ではリア充の聖地である渋谷のスポーツバーでサッカー日本代表を応援する話です。

全くサッカーに詳しくない六堂。

日本代表がゴールを決めたら周りの人とハグをすればいいというアドバイスを受けます。

そして編集からはハグをしなければ自腹という通告も…。

無理だと言う六堂。

六堂にとって見知らぬ人とのハグはコミケで壁に配置されたうえ5千部完売くらい無理難題らしいです。

この喩えが分かるか否かでヲタク度が分かる気がします(笑)

いざスポーツバーへ。

シュートを決め、周りがハグをする中誰ともハグをできないでいる六堂。

よくこんなに騒げるなぁと浮いている自分を自覚しつつ周りを見ます。

早茅野曰く、ヲタクにとってのコミケのようなものらしいです。

そう考えると騒ぐ気持ちも分かるような…。

後半、シュートが決まった瞬間、隣に立っていた女子がバランスを崩し六堂に抱き着く形となります。

自腹回避!そして女性との接触にときめく六堂。

帰り際にその女性と再会しますがまさかの彼氏持ちできびしい現実を叩きつけられます。

「リア充なんか怖くない」の感想 リアル脱出ゲームがすごい

リアル脱出ゲームに参加することとなった2人。

マンションの一室をつかって仮想のゲームにでてくるような世界観を再現。

参加者は実際に謎を解いて部屋から脱出することを目的としたゲームです。

今回は監獄からの脱出という設定

初心者同士で協力をしなければならないのでコミュ力が必要なリアル脱出ゲーム。

空気を読むのが苦手な六堂は怖気づきます。

早茅野の「妄想脱出ゲームをやって早くリアルに帰ってきた方がいいですね」という毒舌が光ります。

六堂のチームは六堂以外全員女子。

リーダー的なポジションに収まります。

脱出はできなかったものの、大盛り上がりに得意げになった六堂は反省会に誘います。

しかし全員から断られてしまいます。

空気を読んだ上で唯一の男性である六堂を立てただけという厳しい現実を目の当たりにします。

早茅野のチームは一人でつっぱしる男が引っかきまわしたせいで、ポジションをつかめず空気状態だったようです。

リア充になるのは難しいということを痛感させられますね。

最もリア充はなろうと思わずに気づけばなっているのでしょうけど…。

ぼっちが読んだら心が痛くなるかもしれません。

「リア充なんか怖くない」の評価は★4

街コンやスポーツバーなど知らない世界を知れるのがいいです。

毎回の予算も書かれているのでリア充になりたい人は参考にできるのではないでしょうか。

早茅野のコラムも長文ですが読み応えがあります。

 

「リア充なんか怖くない」無料で全巻全部を(最新刊も)読むならU-NEXT

⇒ 31日無料キャンペーンで漫画を読む

 

「リア充なんか怖くない」無料で読める方法や、あらすじ&ネタバレ・見どころ・感想・評価についてでした。